ストレートネックにならないためのチェック項目

ストレートネックにならないためのチェック項目

ストレートネックにならないためのチェック項目を10個中5個当てはまったら要注意。

 

スマホをつかいすぎて姿勢が悪くなると
ストレートネックになるだけでなく四十肩が30代や20代でもなってしまうかも。

 

スマホチェック

 

私たちは重い頭を支えるために日々首や肩には大きな負担をかけています。

 

その重さはなんと5kgから8キロほど。

 

頭部の重みをしっかりと背骨が支え、首から背にかけての前後左右の筋肉が
バランスよく働けばしっかりと頭部を支えることができます。

 

 

しかし、スマホを見る際の姿勢や日々のPC作業などで
猫背、肩が前にきて首もまっすぐになっている姿勢を続けると
首や肩に過剰な負荷をかけることになります。

 

スマホチェック2

自分がストレートネックになっていないかをチェックしてみよう

 

□1日5時間以上パソコンを使用している
□ノートパソコンやタブレットを良く使う
□1日1時間以上スマホを使う
□枕があるとよく眠れない
□左右のどちらかに首をむけると向きづらいほうがある
□首を後ろにすらすことができない、もしくは違和感がある
□座っていると首や肩がこる
□疲れると頭を締め付けるような頭痛がある
□猫背
□1日3000歩、もしくは30分以上あるかない
参考:スマホ症候群 木津直昭

 

 

このリストに5つ以上あてはまると病院やカイロプラクティックなどで診断をしてもらったほうがいいようです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
頚椎ヘルニア改善TOP 徳永式の冊子を活用 徳永式を上手に活用する